日々のこと

日本の和食、世界へ

日本の和食がユネスコの「無形文化遺産」に登録されました。
京都の料理人の方々が今まで様々な活動をされていました。

「四季折々の旬の食材、自然の美しさを表した盛り付けを舌だけでなく目でも味わえ、
栄養バランスも良い食文化」が
国際的に評価されたそうです。

また、日本独自の「うま味」がまさしく世界では注目されていて、
海外から和食のダシの取り方を学びに来る外国の方も多く、
世界各地でうま味を取り入れようと、
和食の料理人を招いたシンポジウムが世界各地で開催されているそうです。

 

 

わたしたち、日本人は日本の四季に沿い、生活をしてきました。
厳しい冬、あたたかい春、四季折々の美しい風景、
美しいと感じる心、景色を見てうたう歌、
食だけでなく、感性も日本独特のものだと思います。

わたしたち日本人も日本の良さをあらためて感じることができますね。

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+