京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

Wedding at The Doshisha

LSTウエディングは2009年1月より約5年、同志社大学のウエディングのサポートをさせていただいております。
わたしの父が中学から大学まで同志社に通っていて、

幼い頃、父とサイクリングで同志社の構内を通った記憶がありました。

同志社のご結婚式をサポートさせていただくことになった時に

「何かのご縁かな」と感じました。

【礼拝堂】

12082mini

 

slideshow_03[1]mini

1886年に建てられた礼拝堂はプロテスタントのチャペルでは現存する

日本最古の煉瓦建築で国の重要文化財。永年、同志社中学の毎朝の礼拝が行われ、

卒業生にとっては 思い出の場所。2012年に大規模な改修工事が行われ、

2013年4月よりリニューアルしました。

 

【クラーク記念館】

12081mini

 

1806

同志社創立者・新島襄がこの世を去った後、卒業生たちよって

新島の名を冠した神学館建設のため、募金活動が始まりました。

しかし、寄付金が思うように集まらない中、アメリカのクラーク夫妻が

早世した息子の名前を入れる事を条件に約1万ドルの寄付金が提供。

1893年同志社の5番目の煉瓦建築として誕生しました。

その後、老朽化がすすみましたが回復工事を終え、

2009年、卒業生のために結婚式の場所「人生の門出のすばらしい出発地」として

開放されました。

 

学生時代通っていた、大学のチャペルで挙式ができるなんて、とても素敵ですよね。

礼拝に基づいた同志社大学の挙式は、ほかの場所にはない感動があります。

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+