京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

高瀬川 一之舟入

京都市内を流れる、「高瀬川」。
1614年、江戸時代初期に、京都中心部と伏見を結び
物資を運ぶため、作られた運河でした。

・高瀬川最上流  「一之船入(いちのふないり)」
DSC_1368

約300年、輸送用として使われた高瀬川は
鉄道などの発達のため閉鎖され、
9つあった船入り(荷物を積み降ろしする場所)は
「一之舟入」のみ残っています。

・春は桜、今はツツジが咲き誇る 高瀬川

DSC_1374

現在も高瀬川は、
京都の人びとの暮らしに優しく溶け込んでいます。

LST 西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+