京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

菓匠会 「師走」

毎年、12月1日、北野天満宮では
約400年前に豊臣秀吉が催した北野大茶会をご縁に
神事「献茶会」が行われています。

そこで、京都の伝統を守る上菓子仲間で結成されている
「菓匠会」さんの展示会を拝見しました。

・今年の展示会のテーマは「師走」

お菓子の色や形で、京の師走の風景が目に浮かびます。DSC_0156DSC_0152DSC_0158

鍵善さんの銘「おことうさん」は漢字で「お事多さん」。
12月13日、京都では「事始め」。
この日よりお正月の準備で忙しくなる、
ねぎらいの挨拶の言葉として使われていた、京言葉。
DSC_0163
事始めの日、曇天の冬空の下、
色鮮やかな芸舞妓さんが、
お世話になった師匠への挨拶まわりの、
イメージで作られたそうです。

京菓子の表現力は無限ですね。

LSTウエディング 西川 徳子

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+