京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

茶碗の中の宇宙 京都国立近代美術館

遅ればせながら、
京都国立近代美術館に「茶碗の中の宇宙」
見に行きました。

千 利休に茶碗の作成を依頼された、
初代 長次郎さん。

一子相伝にて約450年前から現在まで
伝統、芸術、こころが樂茶碗の制作に
受け継がれています。

・千 利休

・初代 長次郎さんの茶碗。
手捏ねによる制作。
当時、華やかなものが好まれた時代の中、
「わびさび」を極めた千 利休とのやり取りの中で、
形はシンプルで手のひらに
柔らかにおさまる茶碗が出来上がりました

展示会では、長次郎さんの作品から始まり、
後半は15代当主 樂 吉左衛門さんの
茶碗へと続きます.

中谷美紀さんの美しいナビゲーションを聞きながら、
とても見ごたえのある展示会でした。

最後の作品をみたあと、
もう一度、長次郎さんの作品を見たくなりました.

【東京国立近代美術館 3月14日~5月21日開催】

LST 西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+