京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

桜もち

本日のお菓子は、
BOTAN のお向かいのお店「仙太郎」さんの「桜もち」。

箱をあけた時、塩漬けされた桜の葉の独特な香りが広がり、
とっても美味しそう!
生地は「道明寺」、中はしっとりした、こし餡です。

「桜もち」といえど、地域では異なります。
関東は小麦粉を水で溶いて鉄板で薄焼きにし、クレープ状に餡をまく、
関西では、もち米を蒸して乾燥させ、あらく挽いた「道明寺粉」を
使用した生地に餡を中にくるむという、違いがあるそうです。

DSC_0943

同じお菓子でも、違いがあり面白いですね。
春らしいお菓子やお花に、気持ちも華やぎます。

LST西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+