京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

京の至宝 黒田辰秋展

美術館「えき」KYOTOにて
黒田辰秋さんの作品が展示されます。

塗師のお父様のもとで、
木工、漆工の技術を取得、
漆芸制作の分業制に疑問を抱き、
自らがデザイン作家とし、
作品作りに関わられました。

・木工芸における初の人間国宝

黒田さんの作品は今も、
京都大学前のカフェ「進々堂」の
テーブルとして
学生たちが使用されていたり、
祇園の鍵善さんの大飾棚として
たいせつに使用されています。

美しいのみならず、暮らしの中で
今なお、生きているのがいいですね。

拝見するのが、とても楽しみです。

LST 西川 徳子

 

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+