京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

二条城 二の丸御殿

本日は来週撮影を行う下見のため、二条城に参りました。

二条城は皆様もご存知のとおり、慶長8年(1603年)、

徳川初代将軍 家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊場所としてつくられたお城であり

幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍 慶喜がここで大政奉還を行った、
まさしく時代が動く瞬間を見守ったお城です。

 

・二の丸御殿 唐門

DSC_0836main1

平成23年12月から修復工事がされていた、二の丸御殿の唐門の修復作業が終え、
建築当初さながらの美しい姿の唐門になりました。

わたしもじっくり見たのは本日が初めて。
唐門に使用された金伯は10,000枚以上、彫刻の修復箇所は1,600箇所になるんだとか。

 

main2

 

日本の建築物は木や土など自然のもので作られることがほとんどなので、
修理を行うことで美しい姿が保たれていきました。

次の世代に、伝えていきたい建物が京都には数えきれないほどあります。

 

わたしたちも結婚式を通じて京都の文化を世の中に広め、

つないでいくお手伝いが出来ればと思います。

 

 

 

 

 

 

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+