京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

「ヴァン クリーフ&アーペル」京都国立近代美術館

やっと、行けました。
技を極めるヴァン クリーフ&アーペル」展示会。
平日だというのに、
多くの人で賑わっていました。

約270点のヴァンクリーフ&アーぺルの作品と
約70点の日本工芸を見ることができます。

素晴らしい作品の数々。
中にはヴァ二ティケースと、
木工芸家・中川 清司さんとの
コラボの作品も展示されていました。

・会場内には、パリの工房が再現され、
I-PADにて制作風景など見ることができます

展示会を拝見し、
人々に愛される「美」とは
ただ、その様が美しいのではなく、
職人さんの高度な技術が積み重なり、
実用的に使えるものであるという事、
使う人の心に、様々に響くことが、
愛される理由の一つであると、
感じました。

 

・偶然、
パリ展示会でお世話になった
Elodieさんと再会しました!
今回 展示会の企画に携わっておられます

8月まで展示会は開催されます。

 LSTウエディング 西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+