京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

「ヴァン クリーフ&アーペル」京都国立近代美術館

フランスを代表するメゾン
「ヴァン クリーフ&アーペル」のジュエリーと
京都の伝統工芸が京都国立近代美術館にて
紹介されます。

ハイジュエリーの技術と
日本の美しい着物・漆などが
対比展示される展示会。

・4月29日(祝・土)開催

・ヴァン クリーフ&アーペル《二枚の葉のクリップ》
服部 峻昇さん作《玉虫香合 桐文》

両者、
作る過程や技術は違うとも
超絶な技、
職人さんの作品への思いは
重なる事があると思います。

今から見に行くのが
とても楽しみです!

「ヴァン クリーフ&アーペル 京都国立近代美術館」

LST 西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+