日々のこと

雨収花竹涼

業務を終え、
お茶のお稽古に参りました。

5月から火床が炉から風炉にかわり、
茶器もお薄があつすぎないようにと
浅いものに変わりました。
お花は紫陽花が。

私はまだまだ
不慣れなことが多く、緊張もありますが
沸き上がる湯の音、
先生の柔らかなご指導を受け、
こころが安らぐ時間です。

今回のお軸は
「雨収花竹涼」(あめおさまりかちくすずし)
雨上がり、
花は生き生きと、
緑も鮮やかに、、、と
涼やかになるという意味合いです。

 梅雨入りしたと 言いつつも、
今年の京都は、
比較的 雨量は少なく、
過ごしやすい日々です。

お稽古の時間は
文化や季節を体感させてくれる、
私にとって特別な世界です。

LST西川 徳子

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+