日々のこと

木琴のメンテナンス

BOTANのお店の入り口には

オークヴィレッジさんの「森の合唱団」という名前の木琴を置いています。

木琴が目にとまり、演奏していかれる方もたくさんいらっしゃる人気商品です。

先日、京都の山ノ内保育園様の先生方が

たまたま寺町通を歩いておられたときに

この木琴を見つけてお店に入ってきていただきました。

「同じものを10年前に買って、壊れてしまったので修理をしたい」

そんなご依頼をいただき、引き取りに伺うと、

どの鍵盤も経年変化で深い飴色になっており、

長く大切に使われていたことが一目で伝わってきました。

400px-8504

山ノ内保育園様はこの木琴だけでなく、おもちゃや家具など本当に大切にされており

ある引出しなどは50年前から使われているそうです。

そして、この木琴の修理をを快く引き受けてくださったオークヴィレッジさん。

壊れていない鍵盤もすべてきっちりとメンテナンスしていただき、

新しいメープルの留め具が整然と並び、見事に蘇りました。

400px-8522 400px-8526

また、長年の使用による微妙な音のズレも

鍵盤裏側の削り直しによって調律をしていただきました。

これだけ年数がたった木も1枚削ると

また新しい木肌が出てくるのも無垢の木ならではです。

400px-8538

鍵盤の表側の風合いは残しつつも、機能面はしっかりとメンテナンスをほどこし

山ノ内保育園様にお届けすることができました。

こうしてメンテナンスを経て、また子ども達に何十年も使われる。

そんなものづくりをしていきたいと強く感じました。

400px-1030532

山ノ内保育園様、オークヴィレッジさんありがとうございました。

LST BOTAN 古角

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+