日々のこと

京のお菓子

京のお菓子にはもう、春が訪れています。

季節を感じられ、味わい深いお菓子は,京菓子ならでは。

【亀末廣さん】

創業1804年、江戸時代から徳川家が宿館とした二条城に、

また都が東京に遷るまで御所にもお菓子を納める老舗のお店です。

〜春のお菓子「水仙」「梅」〜

ふんわりやさしく、心に残る味。

DSC_0285mini

一組一組、お菓子を求めにくださるお客様をたいせつに。

原則的には販売は店頭のみ。

お客様と顔を合わせ、心をこめて手作りしたお菓子を、直接手渡しされる。

こちらの「一対一の商い」をモットーにお商売を大切にされている老舗の「亀末廣」さん。

京の老舗から学ぶことが多いと感じる日々です。

 

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+