日々のこと

上賀茂神社 中秋の名月

上賀茂神社さんで、
「賀茂観月祭」の祭典に参列させていただきました。

月を賞でる風習は、古く中国漢代にさかのぼります。
日本では宇多天皇の御代(887~897)に
盛大に月見の宴が行われた記録が残っており、
江戸時代以降は民間でも団子・すすき・枝豆・酒などを
お供えして観月する習慣ができました。

神社でも多くの歌が残されています。

『まつほどに こころあさくも 思ふかな
ひかりさやけき 夜な夜なのつき 』

境内芝生「馬場殿」
夕方17時半〜祭典が始まりました。
秋の豊作を祈ります。

DSC_2928

京舞や音楽などが奉納されました。

DSC_2915

大勢の方に見守られながら、祭典がすすむ中で、
馬場殿の真上に、輝く満月を見ることができました。

貴族は、満月を直視することなく、湖に反射する光を楽しんだとか。
いずれにしよ、現代のように生活にライトがない時代、
どれほど「月の光」が暮らしに
安らぎを与え、願いや祈りを人々は込めたのでしょうか(^-^)

上賀茂神社さん、素敵な時間をありがとうございました。

LST 西川 徳子

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+