日々のこと

上賀茂神社 茅輪(ちのわ)

本日は上賀茂神社さんに参りました。

細殿の立石前に茅輪(ちのわ)が設けられていました。

この芽の輪をくぐることより、
一年の前半の罪や汚れを祓い清め、
一年の後半の無病息災を祈願する意味があります。

     ・ 和歌『みな月のなごしの祓へするひとは ちとせのいのち のぶといふなり』

と心の中で唱えながら、くぐる習わしがあります

KIMG0353mini

京都の神社さんでは今多くこの風景を見ることが出来ます。

芽の輪をくぐることで、
日々を見つめ直しリフレッシュする機会になりそうですね。

上賀茂神社「夏越祓式」

It's only fair to share…Tweet about this on Twitter

Twitter

Share on Facebook

Facebook

Share on Google+

Google+