京の素敵(京の素敵なモノ・コト)

2013月12月の記事 一覧

美御前社(うつくしごぜん)

八坂神社さんに、美御前社(うつくしごぜん)があるのをご存知でしょうか。
こちらは美の神社として、祇園の舞妓さん芸妓さん、美容関係のお仕事の方が訪れる場所です。

・美御前社(うつくしごぜん)

美の神様として、知る人ぞ知る社です
市杵島比売神(いちきしまひめ)、多岐理比売神(たぎりひめ)、
多岐津比売神(たぎつひめ)の宗像三女神(むなかたさんじょじん)がお祀りされています

『古事記』には、姉・天照大御神(アマテラスオオミカミ)が弟・素戔嗚尊(スサノオノミコト)より、潔白を示すさいに譲りうけた、
「十拳剣(とつかのつるぎ)」を、三段に打ち折り、天之真名井に振りすすいだ時に生じた神々だと記されています。

DSC_1122mini

・心から美しくなる水「美容水」
神水が湧き出ていて、お肌や健康だけでなく、内面から美しくなる水として親しまれています

DSC_1123mini

ある方に、結婚式は女性(新婦様)を美しくするお仕事と伺い、
八坂神社さんの本殿に参拝の後、、必ず参るようになりました。

外見はもちろん、内面から輝きたい方にはおススメの神社さんです、
八坂さんに行かれた際は是非訪れてみてください(^-^)

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

京の名水「染井の井戸」

京都御所の東側に佇む梨木神社は
明治維新に貢献した
三条実萬(さねつむ)公と実美(さねとみ)公をお祀りした神社さんです。

緑に囲まれた神秘的な空間の本殿では
静かにお式を行いたい方に人気です。

・梨木神社

nashinokijinjya

また、「萩の宮」とよばれるほど、萩の名所であり
境内の「染井の井戸」のお水は、甘くまろやかな味で茶の湯にむき、
京の名水として知られています。

「染井の井戸」・・・かつて文徳天皇の皇后明子様の里御所の跡にあり、
           宮中御用の染所の水として使われた由緒ある井戸です

DSC_1063mini

今日も次から次へと、お水を汲みに人々が集まっておられました。

長い時を越え、今なお愛される場所、
これからも残したいですね。

 

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

京都 南座 「まねき」

 

南座は祇園のシンボル。

京都で育ち、数えきれないくらい通った場所だと思います。

DSC_1058-1MINI

 

毎年恒例の「まねき」が上がっています。

この「まねき」の意味を初めて知りました。

「まねき」は顔見世興行に出演する役者の名前を書いた看板のことで、

なぜこの時期に出すかというと、

江戸時代に、歌舞伎役者の契約が年俸制で旧暦11月から翌年10月までの1月の契約だったとか。

そのため、現在、毎年11月初めに各座の新たな顔ぶれが口上を述べることを「顔見世」と称され、

11月25日前後の期日に「まねき」が上がるそうです。

DSC_1054-1MINI

まねきは厚さ1寸(約3センチ)、長さ1間(1.8メートル)、幅1尺(約30.0センチ)のヒノキの板で、

南座独特の勘亭流の字が使われているそうです。

「大入りになるように」と縁起を担ぎ、隙間なく内側にむかってかかれているそう。

意味を知ると、より楽しい京都です。

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Wedding at The Doshisha

LSTウエディングは2009年1月より約5年、同志社大学のウエディングのサポートをさせていただいております。
わたしの父が中学から大学まで同志社に通っていて、

幼い頃、父とサイクリングで同志社の構内を通った記憶がありました。

同志社のご結婚式をサポートさせていただくことになった時に

「何かのご縁かな」と感じました。

【礼拝堂】

12082mini

 

slideshow_03[1]mini

1886年に建てられた礼拝堂はプロテスタントのチャペルでは現存する

日本最古の煉瓦建築で国の重要文化財。永年、同志社中学の毎朝の礼拝が行われ、

卒業生にとっては 思い出の場所。2012年に大規模な改修工事が行われ、

2013年4月よりリニューアルしました。

 

【クラーク記念館】

12081mini

 

1806

同志社創立者・新島襄がこの世を去った後、卒業生たちよって

新島の名を冠した神学館建設のため、募金活動が始まりました。

しかし、寄付金が思うように集まらない中、アメリカのクラーク夫妻が

早世した息子の名前を入れる事を条件に約1万ドルの寄付金が提供。

1893年同志社の5番目の煉瓦建築として誕生しました。

その後、老朽化がすすみましたが回復工事を終え、

2009年、卒業生のために結婚式の場所「人生の門出のすばらしい出発地」として

開放されました。

 

学生時代通っていた、大学のチャペルで挙式ができるなんて、とても素敵ですよね。

礼拝に基づいた同志社大学の挙式は、ほかの場所にはない感動があります。

It’s only fair to share…Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+